メインメニューを開く

山井 兼文(やまのい[1] / やまい[2] かねふみ、1868年12月9日(明治元年10月26日[1])- 1918年大正7年)3月25日[1][2])は、明治・大正期の宮内官、政治家華族貴族院子爵議員。幼名・芳麿[1][3]

目次

経歴編集

山城国京都勘解由次官山井氏胤の長男[注 1]として生まれる[1][3]1884年5月30日、父が廃嫡となり、同年7月8日、養祖父・伯父山井氏暉の隠居に伴い家督を継承[1][3]。同年7月8日、子爵を叙爵[1][3][4]1887年10月、兼文に改名した[3]

1886年5月、明宮(大正天皇)家祗候に就任[2][3]。以後、久宮家雇、爵位局雇などを務めた[2][3][5]

1897年7月、貴族院子爵議員に選出され[6]1906年3月2日に辞任[7]するまで二期在任した[2]

親族編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 『人事興信録』第4版、や24頁では二男。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『平成新修旧華族家系大成』下巻、809-810頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』59頁。
  3. ^ a b c d e f g 『大日本華族大鑑』153頁。
  4. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  5. ^ 『人事興信録』第4版、や24頁。
  6. ^ 『官報』第4248号、明治30年8月28日。
  7. ^ 『官報』第6801号、明治39年3月5日。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第4版、1915年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
山井家初代
1884年 - 1918年
次代:
山井兼武