メインメニューを開く

山内 康仁 (やまうち やすひと、1942年1月2日 - )は日本技術者実業家アイシン精機代表取締役社長や、同社代表取締役副会長、日本鋳造工学会会長などを務めた。藍綬褒章受章。

人物・経歴編集

愛知県出身。1968年東北大学大学院工学研究科修士課程修了、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社、鋳造担当に配属。1995年取締役。1999年常務取締役。2001年専務取締役。2005年からアイシン精機代表取締役社長[1]を務めたが、2008年にリーマン・ショックが発生。2009年3月期には上場以来初の営業赤字となり、豊田幹司郎代表取締役会長の下で、アイシン精機代表取締役副会長に退いた[2][3][4]。同年藍綬褒章受章。2011年アイシン精機相談役[5]。日本鋳造工学会会長[6]も務めた。

脚注編集