山口 マサル(やまぐち まさる、1942年10月2日[1] - )はイラストレーター。本名、山口勝[1]東京都世田谷区生まれ。日本美術学校図案科卒。

殖産住宅宣伝部にデザイナーで入社。東京アドデザイナース退社後フリーのイラストレーターになり、武田製薬IBM西友トヨタ自動車日本電建の広告のイラストレーションをてがける。その後絵本、雑誌、書籍のイラストレーションも手がける。木の組み木の立体作品も多い。アロハシャツのコレクターとしてもNHKの番組に出演。東京イラストレーターズソサエティ会員(TIS)、東洋美術学校の講師、NHKではアロハシャツのルーツを訪ねる30分番組ではメイン出演。近年マンガの本を5冊出版し、漫画家協会賞の最終選考に2年連続ノミネートされている。


活動内容編集

IBM全ページ新聞広告の連作、明治製菓TVCMやパッケージのキャラクター、ユニーのTVCMキャラクター、迷路パズルの雑誌表紙キャラクターなどがある。

受賞編集

毎日商業デザイン賞特選、朝日広告賞部門賞部門賞、読売国際漫画大賞金賞、デザインフォーラム入賞、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品。

著書編集

  • 『ハケに毛がありハゲに毛が無し』
  • 『エンゼルリンク』
  • 『だんごのすけにんじゅつしゅぎょう』 フレーベル館、2010年、ISBN 4577037327

など

  • 電子絵本で「桃太郎、兎と亀、金太郎、金の斧、一寸法師」(えほんや)
  • 「なぞなぞ大冒険」成美堂出版

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.494

外部リンク編集