メインメニューを開く

日本美術専門学校(にほんびじゅつせんもんがっこう)は、埼玉県北足立郡伊奈町小室にあった私立専修学校。創設者は、紀淑雄(雅号は「紀星峰」)。廃校した時点での設置者は学校法人佐藤栄学園だが、1994年(平成6年)に他の学校法人より経営移管されたもので、創立は1917年(大正6年)と同法人の創立(1959年・昭和34年)より古い。2018年(平成30年)3月で廃校した。

目次

設置学科編集

  • 洋画科
  • 日本画科
  • 彫刻科
  • デザイン科

沿革編集

  • 1916年(大正 5年) - 前身の「日本美術研究所」が豊多摩郡戸塚町(現・新宿区西早稲田)に開設。
  • 1917年(大正 6年) - 「日本美術学校」と改名。
  • 1942年(昭和17年) - 練馬区向山に新築、拡張し移転。
  • 1945年(昭和20年) - 戦時措置により閉鎖。併設の向南高等学校に美術専攻科を設置。しかし、爆撃で校舎の半分以上を焼失していたため、旧制高等学校もその後廃校となる。
  • 1950年(昭和25年) - 財団法人 向南学園により「日本美術学校」として再開校。1949年(昭和24年)に開園した向南幼稚園に併設される形となる。
  • 1988年(昭和63年) - 向南学園による運営が終了。現在は美術教室として存続(幼稚園も存続)。
  • 1994年(平成 6年) - 学校法人佐藤栄学園に移管。「専門学校 日本美術学校」として大宮市に3度目の開校。学校再建委員会を兼ねた校友会が中心となり再建に奔走していたところ、閉校を惜しんだ佐藤栄学園の創立者で彫刻家でもあった佐藤栄太郎は、「学校の伝統と精神を継承する」と校友会の求めに応じて、佐藤栄学園の出資により再建することになった。ただ、向南学園側が美術教室として校名を使用しているため、「専門学校」を校名に冠する形になった。
  • 1999年(平成11年) - 「日本美術専門学校」と改名。
  • 2003年(平成15年) - 伊奈町に移転。
  • 2016年(平成28年) - 閉校を決定し、2017度入学生の学生募集を停止する。
  • 2018年(平成30年) - 閉校。101年に及ぶ歴史に幕を降ろした。

おもな卒業生、元在学生編集

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集