山口 静一(やまぐち せいいち、1931年5月5日[1] - )は、美術史家、埼玉大学名誉教授

東京生まれ。1954年東京大学文学部英文科卒。成城学園高校教諭、1965年埼玉大学教養学部講師、66年助教授、73年教授、97年定年退官、名誉教授。日本フェノロサ学会会長、顧問[2]

著書編集

編纂編集

翻訳編集

論文編集

編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『三井寺に眠るフェノロサとビゲロウの物語』著者紹介