山名 義方(やまな よしかた)は、江戸時代中期から後期にかけての交代寄合但馬国村岡領主。

 
山名義方
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和2年3月2日1765年4月21日
死没 天保4年12月7日1834年1月16日
改名 豊章(初名)、義方
別名 小太郎(通称)
戒名 慈光院殿心静覚峯大居士
墓所 兵庫県美方郡香美町村岡区村岡の法雲寺(坪谷御廟)
官位 従五位上中務少輔
幕府 江戸幕府 交代寄合
主君 徳川家斉
但馬村岡領
氏族 山名氏
父母 山名義徳山名豊暄
兄弟 義方義矩柳生久知義丈義峯
小笠原長世室、松田貞丈
細川興晴娘菊子
弥太郎、銀次郎、整、政、辰、充、義蕃
テンプレートを表示

経歴編集

山名義徳の子。寛政6年(1794年)、家督を継いだ。

文化3年(1806年)、尾白山の中腹に陣屋政庁を移転し、大手門、中門、長屋、鎮守社、煙硝櫓、練兵場などを設け、家格相応の体裁を整えた。男子が早世していた為、越前鯖江藩間部詮茂の四男・詮量を婿養子とし、義蕃(よしあきら)と名乗らせ、文政4年(1821年)に家督を譲った。


系譜編集