山名 豊就(やまな とよなり)は、江戸時代中期の交代寄合

 
山名豊就
時代 江戸時代中期
生誕 貞享3年9月26日1686年11月11日
死没 延享4年8月26日1747年9月30日
改名 豊郷(初名)、豊就
別名 斧之助、彦太郎、中務(通称)
戒名 大圓院殿暁山道清大居士
墓所 兵庫県美方郡香美町村岡区村岡の法雲寺(坪谷御廟)
官位 従五位下因幡守
幕府 江戸幕府 交代寄合大番頭寺社奉行
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗家重
但馬村岡領
氏族 山名氏
父母 山名義豊山名隆豊
屋代忠位
豊寛豊暄豊知豊陽、喜蔵、佐助、
季豊山名義安室ら
テンプレートを表示

経歴編集

山名氏一族の山名義豊の三男(山名豊政の孫)。山名隆豊の養子となった。宝永元年(1704年)、養父の隠居により家督を相続した。大番頭を勤めた後、元文4年(1739年)3月15日、寺社奉行に就任し、没するまでその任を勤めた。同年10月、領内で小代一揆(元文一揆)が起ったが、百姓の多くの要求を聞き入れたため解決した。延享4年(1747年)に62歳で死去し、嫡男の山名豊暄が家督を継いだ。


系譜編集


娘は3人いた。娘の一人は高家旗本六角広雄と婚約したが、入嫁前に広雄が死去したことにより縁談は消え、一門(分家)旗本の山名義安の室となった。末子の季豊は、旗本・高林昌雄の養子となり、高林昌盈と改名し、のちに家督を相続した。