メインメニューを開く

山本 容朗(やまもと ようろう、1930年4月20日 -2013年12月4日[1])は、文芸評論家。埼玉県本庄市生まれ[2]。1953年國學院大學国文科卒。角川書店で編集者[3]として1953年~1963年まで在籍し、文芸書、特に「角川小説新書」を担当した[4]。1975年にフリーとなり[5]、文筆業。

吉行淳之介について一貫して論じ、編纂しているが食味エッセイでも知られ、また文人の随筆の編纂も多い。

著書編集

  • 『現代作家その世界』翠楊社 1972 のちみき書房から再刊 のち「作家の生態学」文春文庫
  • 『ここだけの話 文壇百話』潮出版社 1978 のち文庫
  • 『文壇百話 続・ここだけの話』潮出版社 1979
  • 『作家の食談』鎌倉書房 1980 「作家の食卓」河出文庫
  • 『新宿交遊学』潮出版社 1980
  • 『作家の人名簿』文化出版局 1982 のち徳間文庫
  • 『作家が女をみつめる時』実業之日本社 1982
  • 『居酒屋の作家』潮出版社 1982
  • 『いい店見つけた』潮出版社 1986
  • 『名作・温泉カタログ』文藝春秋 1989
  • 『名作飲み喰い物語』河出書房新社 1990
  • 『女は小説の達人 女性だけの小説教室』主婦と生活社 1990
  • 『東京近郊ぶらり文学散歩』文藝春秋 1994
  • 『日本文学の散歩みち』実業之日本社 1994
  • 『人間・吉行淳之介』文藝春秋 1995 のち文庫
  • 『ちゃんばら狂ブック』文藝春秋 1998
  • 『文人には食あり 文壇食物誌』廣済堂出版 2002 のち角川春樹事務所グルメ文庫

編纂編集

  • 吉行淳之介の研究 実業之日本社 1978
  • 酒呑みに献げる本 正続 実業之日本社 1979-1981 のち光文社文庫
  • 日々これ好食 鎌倉書房 1979
  • 食通に献げる本 グルメが驚喜、垂涎 実業之日本社 1980
  • 東京余情 文人が愛した町々 有楽出版社 1982
  • 猫は神さまの贈り物 有楽出版社 1982
  • みちのく余情 文人が愛した風物と詩情 有楽出版社 1982
  • 越後・佐渡の旅路 文化出版局 1982
  • 人生ひとりの師 実業之日本社 1984
  • 今昔温泉物語 伊豆・箱根、関東篇 福武文庫 1990
  • 清貧の食卓 文人グルメが明かすおいしさの原点 実業之日本社 1994 のち中公文庫
  • 素晴らしき晩年 文豪はいかに人生を完走したか 有楽出版社 1995

参考編集

  • 『文藝年鑑』2010年

編集

  1. ^ 『文藝家協会ニュース』2014年3月
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』角川書店 P.220
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報