メインメニューを開く

山本 幸司(やまもと こうじ、1946年[1] - )は、日本の歴史学者静岡文化芸術大学名誉教授[2]、理事[3]。専攻は日本中世史法制史、思想史。

東京都出身[1]慶應義塾大学大学院経済史専攻修士課程修了[1]平凡社勤務の後、中央大学大学院国史学専攻博士課程単位取得[1]神奈川大学短期大学部・神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科教授を経て、静岡文化芸術大学文化政策学部教授[1]

著作編集

  • 『穢れと大祓』 平凡社、1992年(増補版 解放出版社、2009年)。
  • 『天武の時代 ― 壬申の乱をめぐる歴史と神話』 朝日選書、1995年。
  • 『頼朝の精神史』 講談社選書メチエ、1998年。
  • 『頼朝の天下草創 日本の歴史09』 講談社、2001年
  • 『〈悪口〉という文化』 平凡社、2006年。

他。

脚注編集

外部リンク編集