メインメニューを開く

山本敬三郎(やまもとけいざぶろう、1913年8月17日 - 2006年5月6日)は、元静岡県知事参議院議員。静岡県出身。

来歴・人物編集

静岡県議、参議院議員(1968年1974年)を経て1974年7月、静岡県知事選に初当選。1986年まで3期12年務めた。東海地震対策に尽力し「地震知事」といわれた。「静岡は危険、と公言するようなものだ」という批判もあったが信念を貫いた。また行政改革にも手腕を発揮した。

2006年5月6日心不全のため静岡県三島市の病院で死去。92歳没。