メインメニューを開く

山本 潤(やまもとじゅん、1974年 - )は、性暴力被害者支援看護師(SANE、Sexual Assault Nurse Examiner)、一般社団法人Springの代表理事。

居酒屋経営の父親に性的被害を受けたと本人は述べている。そのことがきっかけで性暴力被害の支援者となることで、自身の被害に向かい合おうとした。2006年に性暴力被害者支援看護師の研修を受けた。

改正刑法の法制審議会のヒアリングで2016年に当事者として呼ばれた人物で、2017年施行の改正刑法では「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」として条文が作られた。自らの性暴力被害を記した『13歳、「私」をなくした私』で一般にも注目された[1]。また、同年一般社団法人Springを設立した。

ニュースでも取り上げられ、NHKのハートネットTVにも出演を行った。

出典編集

  1. ^ 性暴力 みずから声を上げた決意”. NHK (2017年4月20日). 2018年3月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集