メインメニューを開く
山田卓司

山田 卓司(やまだ たくじ、1959年9月18日 - )、は日本モデラー静岡県浜松市出身。

目次

受賞歴など編集

プロデビュー以前より、タミヤ模型の主催する「人形改造コンテスト」の常勝メンバーとして名を馳せる。TVチャンピオンプロモデラー選手権(よく名前が変わる)で最大3連覇、5回の優勝を飾っている。その情景を切り取るセンスのよさから「情景王」の異名をとる。また、世界的な模型コンテストユーロミリテールで、1995年クラス15(情景部門)において、金賞を受賞。2006年には、浜松市美術館にて個展を開催。プラモデルガレージキットなど、既成のモデルを利用したジオラマ作品が美術館の企画展として開催されるのは異例の事である。[要出典]

TVチャンピオン プロモデラー選手権では、山田は非常に多くの優勝回数を誇る。勝因の一つは番組の内容が主にリアルを追求したジオラマ等の制作となっていることがあげられるが、同番組の構成に対しては氏も不満としており、ショップ等での模型談義でこの話題が出ると、「あれは僕の得意ジャンルだけでのチャンピオンであり、審査は別としてプロモデラーを一括りにした場合とても公平とは言えないね」と周囲に漏らす声が良く聞かれる。[要出典] こういった背景には番組サイドの無理解が働いており、山田が大きく公言している「いわゆる美少女系キャラクターはまったく駄目」を考慮されていればこその結果ともいえる。 余談だが、この選手権での抜群の知名度から、他の選手権に審査員としても出演している。 また、番組内で制作された作品の一部はポストホビー厚木店に常設展示されている。

作風編集

ガンプラから特撮もの、ミリタリーモデルまでさまざまなジャンルで活躍するモデラーであるが、山田の本領が発揮されるのはジオラマである。いわゆる昭和ブーム以前から昭和の情景を映し出した作品を手がけている。TVチャンピオンで優勝した際のジオラマも「引越しのおもいで」や「終戦のおもいで」といった昭和ノスタルジーに溢れている。「昭和の音」シリーズでは監修も行なった。

ただし、昨今非常に増えている美少女キャラクター等は苦手としており、これに関しては本人曰く「まったく駄目」との事。[要出典]

もちろん昭和ものでなくてもその情景を切り出すセンスが損なわれることはなく、日本のプロモデラー界を代表する作家の一人である。

作品集編集

 
第5回開拓模型祭 山田卓司と作品

ホビージャパン等複数の模型雑誌に寄稿しているためここでは書ききれないが、次の作品集が存在する。

  • 情景王—山田卓司作品集 (ホビージャパン刊)
  • 情景王 The diorama King! (エクシング刊 Windows, Mac Hybrid CD-ROM)
  • LABOR in Action TAKUJI YAMADA DIORAMA WORLD (バンダイ刊)

外部リンク編集

関連項目編集