山田 弘子(やまだ ひろこ、1934年8月24日 - 2010年2月7日)は、兵庫県出身の俳人。和田山町(現朝来市)生。12歳より但馬生徒児童文芸誌「草笛」にて俳句に親しむ。1970年、本格的に俳句を志し「ホトトギス」「木兎」に投句。高浜年尾稲畑汀子に師事。1981年「ホトトギス」同人。1995年、「円虹」を創刊・主宰。1999年より、宮古島に年1・2回通い子供たちの俳句を指導。1991年・2008年に第2回及び第19回日本伝統俳句協会賞受賞。2002年、兵庫県文化賞受賞。2010年2月7日心不全により死去。代表句に「みな虚子のふところにあり花の雲」など。娘の山田佳乃も俳人で、弘子の没後「円虹」主宰を継いだ。

著書編集

  • 蛍川
  • こぶし坂
  • 春節
  • 草蝉
  • 残心
  • 月の雛
  • 夜光杯(自解句集)
  • 空ふたつ(句文集)
  • 草摘(随筆集)
  • 花神俳句館 山田弘子
  • 現代俳句文庫 山田弘子句集
  • 山田弘子全句集

参考文献編集

  • 坂口昌弘著『平成俳句の好敵手』文學の森
  • 現代俳句大事典、三省堂、2005年
  • ホトトギスの俳人101、新書館、2010年

外部リンク編集