山田 重満(やまだ しげみつ、? - 治承5年3月10日1181年4月25日))は、平安時代末期の武将浦野重直の長男。弟に彦坂重親、高田重宗(高田重家?)、白川重義、小島重平、足助重長らがあり、子に重義(泉太郎)、重忠がある。治部丞。号は山田太郎、和泉冠者など。重光とも記される。

父より尾張国山田郡の所領を継承したほか「和泉」の地なども併せて領していたが[1]、治承5年(1181年)の墨俣川の戦いで一族と共に源行家の軍勢に加勢し敗北、重満は高橋盛綱の弟・盛久に討ち取られた(『吾妻鏡』同年3月10日条)。

脚注編集

  1. ^ 尊卑分脈』に「和泉冠者」の記述。また『分脈』によれば長男・重義は「泉太郎」を称しており、次男・重忠も『吉記』に「泉次郎」と記される。なお「和泉」の地については、山田郡の近隣に三河国碧海郡和泉村などがあるが同地の比定はなされていない。

参考文献編集