メインメニューを開く
山縣三郎

山縣 三郎(やまがた さぶろう、1891年明治24年)11月13日 - 1966年昭和41年)10月1日[1])は、日本の内務朝鮮総督府台湾総督府官僚。官選栃木県知事

経歴編集

東京府出身。公爵山縣伊三郎の三男として生まれる。学習院を経て、1917年7月、京都帝国大学法科大学政治学科を卒業。1919年10月、高等試験行政科試験に合格。同年11月、内務省に入省し東京府属となり内務部工務課勤務となる[1]

1920年3月、東京府理事官・内務部工務課長に就任。以後、同府内務部社会課長、福岡県理事官・内務部庶務課長、地方事務官・福岡県勤務、大阪府勤務、茨城県書記官・学務部長、朝鮮総督秘書官兼朝鮮総督府事務官、専任朝鮮総督府事務官、全羅南道内務部長、神奈川県書記官・学務部長、山形県書記官・内務部長、栃木県書記官・総務部長を歴任。1936年10月から1940年4月まで台湾総督府内務局長を務めた[1]

1940年4月、栃木県知事に就任し戦時体制の整備に尽力する[2]1942年1月に知事を退任した[1]。同年に退官[3]。その後、1951年8月まで公職追放となった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『日本近現代人物履歴事典』539頁。
  2. ^ 『新編日本の歴代知事』275頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』225頁。

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。