メインメニューを開く

山路 勝彦(やまじ かつひこ、1942年 - )は、日本の文化人類学者関西学院大学社会学部名誉教授。専門は、文化人類学社会人類学

東京都出身。1973年東京都立大学大学院博士課程社会人類学専攻修了。社会学博士(関西学院大学、昭和63年)。

主に台湾先住民族)、オーストラリア(アボリジニーズ)、パプアニューギニアを対象とした社会人類学を研究し、近年は特に、植民地主義同化政策、エスノ・ナショナリズムの調査を主題としている。

著書編集

単著編集

共編著編集