メインメニューを開く
じゅうろくプラザ

岐阜市文化産業交流センター(ぎふしぶんかさんぎょうこうりゅうセンター)は、岐阜県岐阜市にある文化普及支援施設である。地域交流、文化活動及び産業活動の拠点として、地域交流の促進、文化の向上及び産業の振興を目的とする。

かつての郵便貯金地域文化活動支援施設ぱ・る・るプラザ岐阜」であり、赤字の為に閉鎖されたのを岐阜市が購入、改修した施設である。JR岐阜駅の西北に隣接する。

岐阜市で初のネーミングライツの募集が行なわれ、十六銀行が落札し、じゅうろくプラザと名づけられている。

施設概要編集

地上5階地下1階建て。延べ床面積は10,241m2

  • 多目的ホール (2階 600席)
  • 展示ギャラリー (1階)
  • レストラン (1階 さくらや)
  • 研修室 (2階に1ヶ所 4階に5ヶ所)
  • スタジオ (3階 2ヶ所)
  • 楽屋 (3階 5ヶ所)
  • 大会議室 (5階 1ヶ所)
  • 中会議室 (5階 2ヶ所)
  • 小会議室 (5階 2ヶ所)
  • 和室会議室 (5階 1ヶ所) など

沿革編集

  • 2001年(平成13年)11月27日 - 総務省により、ぱ・る・るプラザ岐阜が落成。12月2日に正式開業。総工費104億円。
  • 2006年(平成18年)10月31日 - 赤字の為、日本郵政公社により、ぱ・る・るプラザ岐阜が閉鎖。
  • 2006年(平成18年)11月20日 - 旧ぱ・る・るプラザ岐阜を岐阜市が購入を決定。購入金額は約9億8,000万円(当時の報道による)。
  • 2007年(平成19年)4月16日 - ネーミングライツ(命名権)のスポンサー募集開始。契約期間5年、1年あたり1,200万円での募集であったが、締切日の5月11日まででの募集は無かった。
  • 2007年(平成19年)5月16日 - 改修工事開始。
  • 2007年(平成19年)6月29日 - ネーミングライツを十六銀行が取得。「じゅうろくプラザ」と命名される。契約期間は3年、1年あたり800万円。
  • 2007年(平成19年)8月15日 - 改修工事完了。
  • 2007年(平成19年)8月29日 - 開館記念式典開催。
  • 2007年(平成19年)9月1日 - 岐阜市文化産業交流センター(じゅうろくプラザ)開館。

所在地編集

  • 岐阜県岐阜市橋本町1丁目10-11

交通機関編集

外部リンク編集