メインメニューを開く

岡 五郎(おか ごろう、安政2年5月29日1855年7月12日) - 昭和3年(1928年10月31日[1])は、日本教育者文部官僚

岡 五郎
Goro Oka, former superintendent of the Girls' High School attached to the Tokyo Women's Higher Normal School.jpg
誕生 (1855-07-12) 1855年7月12日安政2年5月29日
越前国大野郡大野清水町(現・福井県大野市
死没 (1928-10-31) 1928年10月31日(73歳没)
職業 教育者官吏
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京師範学校中学師範学科
代表作 『小学教授法』(1886年)
配偶者 春子
子供 宗一(養子)
テンプレートを表示

目次

経歴編集

越前藩出身。藩校漢学を学ぶ。福井県師範学校変則生を経て、1877年明治10年)に官立愛知師範学校を卒業。東京麹町清水小学校訓導、千葉県鶴舞小学校校長、茂原町中学校教諭を歴任した。1882年(明治15年)、東京師範学校(後の東京高等師範学校)を卒業。その後、徳島県師範学校一等教諭・学務課勤務、徳島県中学校一等教諭、高等師範学校助教諭・附属小学校主任、同教諭、女子師範学校教諭・同高等女学校主任、同教授・文部省普通学務局勤務、高等師範学校書記・教授、文部省普通学務局第一課長、宮城県尋常師範学校校長、東京府視学官・文部省視学官を歴任した。

著作編集

 
岡五郎
  • 「遺稿」(『岡五郎伝』)
著書

脚注編集

  1. ^ 『岡五郎伝』。『現今日本名家列伝』は出生を安政3年5月とする。

参考文献編集

  • 『現今日本名家列伝』日本力行会出版部、1903年。
  • 吉岡寿編輯『岡五郎伝』立平衡、1938年。

関連文献編集

  • 岡五郎」(内尾直二編輯 『第二版 人事興信録』 人事興信所、1908年8月)

外部リンク編集

公職
先代:
田中敬一
宮城県尋常師範学校長
1893年 - 1897年
次代:
桑原護一
先代:
東京高等女学校長
矢田部良吉
高等師範学校附属校園主任
岡五郎
  女子高等師範学校附属学校主事
1891年
主任
1890年 - 1891年
次代:
篠田利英
先代:
桜井房記
  高等師範学校附属校園主任
1886年 - 1890年
次代:
高等師範学校附属学校主任心得
波多野貞之助
女子高等師範学校附属学校主任
岡五郎
女子高等師範学校附属幼稚園主任
中村五六