岡口 憲義(おかぐち のりよし、1954年10月29日)は、日本地方公務員

神戸市役所にて、みなと総局経営部長、産業振興局参与企業誘致推進担当)、みなと総局長などの主要な職を経て、2014年3月に神戸市副市長就任。

2020年7月に神戸市副市長を任期途中で退任し、2020年8月に一般財団法人神戸観光局副会長に就任した。後任の神戸市副市長には元神戸市理事の今西正男が就任した。

神戸空港ターミナル取締役副会長。

人物・経歴編集

  • 1954年10月、兵庫県生まれ。
  • 1979年3月、神戸大学法学部卒業。
  • 1979年4月、神戸市採用[1]
  • 1995年4月、港湾局管理部主幹(神戸港埠頭公社)。
  • 1999年4月、市民局広報相談部広報課長。
  • 2002年4月、みなと総局経営部長。
  • 2007年4月、産業振興局参与(企業誘致推進担当)。
  • 2009年4月、みなと総局長[2]
  • 2014年3月、神戸市副市長就任[3]
  • 2018年3月、神戸市副市長再任。
  • 2020年7月、神戸市副市長退任。

ヤミ専従問題への対処などにあたり、記者会見では「大量の懲戒処分者が出たことを心から反省する」と謝罪した[4][5][6]

神戸空港ターミナル株式会社取締役副会長[7]、一般財団法人関西観光本部評議員等兼務[8]

脚注編集