メインメニューを開く
岡本梅林公園の梅

岡本梅林公園(おかもとばいりんこうえん)は、神戸市東灘区にある公園である。また、同地域に別途「保久良梅林」と呼ばれる梅林鑑賞エリアもある。

目次

概要編集

神戸市が設置・管理している。面積は4566平方メートル。神戸市都市公園条例による公園の正式名称は「岡本公園」であるが、一般には「岡本梅林公園」とも呼ばれている。1982年に完成した。

六甲山地の高台の上に整備されている。約130本の梅の木が植えられ、開花時期には観梅客でにぎわう。観梅期の2月下旬 - 3月上旬頃には梅まつりが開催される。

岡本吉野みかん紀の国丹波」と唄われている事で有名である。

歴史編集

この梅林の始まりについては不詳であるが、江戸時代には丹波吉野などともに岡本の梅林として有名であった。江戸末期の南画家岡田半江やその弟子の橋本青江らが、岡本梅林を描いた作品を残している[1]明治時代中期になると、鉄道が開通したこともあって阪神間の観梅名所として発展した。

しかし1938年(昭和13年)の阪神大水害に伴う山崩れ、第二次世界大戦の戦災、戦後の宅地開発などが続いたため、梅林はほとんど消滅した。その後梅林の復興が行われ、1982年(昭和57年)に岡本梅林公園として整備された。

所在地編集

関連項目編集

  • 保久良梅林

脚注編集

  1. ^ 静岡県立美術館編集・発行 『江戸絵画の楽園』 2012年10月7日、pp.114-120。

外部リンク編集