岡本章(おかもと あきら、1953年10月5日 - )は、日本政治家和歌山県立陵雲高等学校出身。

喫茶店経営の傍ら、1990年和歌山県九度山町議会議員選挙に立候補し初当選。1998年現職の任期満了に伴う町長選挙に立候補するも落選。その後再び町議会議員に返り咲き、通算4期議員を務めた後、2006年、再び現職の任期満了による町長選挙に再出馬。知恵と対話のまちづくりを公約に掲げ、現職に606票差をつけて町長初当選。6代目九度山町長に就任した。2010年選挙は新人を破り再選、2014・2018年は無投票当選で現在4期目。