岡村 百々之介(おかむら どどのすけ、生年不詳 - 慶長19年(1614年)11月26日)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武士豊臣氏の家臣、茶人。弟に岡村九郎右衛門。

生涯編集

土佐国安芸郡和食村の安岡平九郎の子として生まれる(「土佐諸家系図」)。父は肥後の加藤清正に仕えており、秀吉に殉じて切腹したという(「加藤肥後守忠広之事」)。百々之介は豊臣秀頼に仕え、知行は190石であった(「難波戦記」)。

古田織部茶の湯を学び、「古織伝」という織部流の茶書を開版したと「茶譜」にある。同書には「大坂衆」「登々之助」と記されている。茶書「草人木」(寛永3年成立)の著者は、百々之介のことを未熟者で「浅知短才」となじっている。この「古織伝」は後に古田織部作とされ、「草人木」とともに寛文年間には茶道書のベストセラーとなった(「増補書籍目録」)。

百々之介は古田織部風炉の茶の湯に招かれた。その時の正客は大野治房。そして百々之介、三客以降は針屋宗春大文字屋宗味、長谷川道茂、大文字屋宗怡ら京の豪商であった(「茶譜」)。

慶長19年(1614年)大坂城に籠城、大坂七組の野々村吉安組に所属した。11月26日、大坂冬の陣鴫野口合戦で討死した(「大坂御陣覚書」)。

娘は秀頼家臣の川北庄左衛門正勝に、その娘・おどよは毛利重行(重長)に嫁いだ(「伊勢国司伝記」)。

参考文献編集

  • 柏木輝久、北川央監修『大坂の陣 豊臣方人物事典』(宮帯出版社、2016年)
  • 宮下玄覇「最初の版行茶書は『古織伝』」『茶書研究 創刊号』(茶書研究会・宮帯出版社(発売)、2012年)