織部流(おりべりゅう)は、茶道流派の一つ。古田織部(重然)に始まる武家茶道の一派である。織部とは、「織部助(正)」という官途名である。織部流は安土桃山時代末期から江戸時代前期に大流行した。織部は豊臣秀吉御咄衆、そして江戸幕府の茶の湯を司り、2代将軍徳川秀忠(1579年 - 1632年)に至っては茶の湯指南役として直接指導した。「柳営茶道」の元祖である。織部は大坂夏の陣の時、豊臣方に内通し切腹。古田家は御家断絶となったが、秀忠は織部の茶の湯を愛したため幕閣もそれに倣い、織部流は秀忠が亡くなるまで続いた。織部の茶法・織部流は諸藩で用いられ、遠州流(織部流の分派)・宗和流(織部流の分派)・石州流宗旦流などが台頭するまで全盛であった。幕府のほか特に加賀藩仙台藩尾張藩熊本藩薩摩藩長州藩徳島藩広島藩福井藩秋田藩盛岡藩久留米藩飛騨高山藩などで用いられ、福岡藩、長門長府藩に至っては江戸時代後期まで続いている。江戸時代中期に福岡藩の茶頭が豊後岡藩にいた古田織部血縁の古田淵黙に茶法を伝授し、その子孫・古田宗関(重名)が明治維新の時に東京で岡崎淵冲(惟素)と原宗改(鉄石)らに伝えた。昭和時代中期に宗改の弟子・秋元瑞阿弥が千葉で「式正(しきせい)織部流」という「(真行草のうちの)真」の茶道を創流した。その流れから京都で「織部流扶桑派(扶桑織部)」が発生。平成時代になって淵冲の流れを汲む「温知会」(古田織部流茶湯研究会)が発足した。また、北九州の石橋家に伝わった別派は消滅した。

特徴編集

古田織部は、師の千利休没後、茶の湯を25年にわたって発展させた。将軍・大名・公家などの茶法を制定し、また現在の茶事の形式も確立させている。織部流(淵冲系)では、織部好みの竹筒のような茶入、ゆがんだ沓茶碗などを使用するが、その点前は茶会記のほか茶書「宗湛日記」「織部百ヶ条」「茶道長問織答抄」「古織伝」「数寄道次第」「草人木」「古田織部正殿聞書」「茶譜」などに詳しく記され、その所作の一部は遠州流上田宗箇流にも受け継がれている。一方、秋元瑞阿弥創案の「式正織部流」は真の点前(式正茶法)を標榜するため茶碗は必ず天目である。茶碗は原則、天目のみしか使用できず[1]、「へうけもの」(ひょうげ物)といわれた織部茶碗は、淵冲系の「温知会」(古田織部流茶湯研究会)の織部流(草庵茶法)でしか使用していない。式正織部流・扶桑派では、天目台を用いず「茶碗台」という珍しい台を茶碗の台として用いる。瑞阿弥系(式正織部流、扶桑派)とは別に淵冲系の「式正(しきしょう)」(真)点前があるが、全く別種のものであり、似ている部分がない。式正織部流の点前は、扶桑派、御家流(安藤家)で用いられている。北九州・石橋家に伝わった織部流の点前は、福岡藩に残った南坊流土屋宗俊系)に似ており、茶杓の清め方や茶筌通しなどが淵冲系・瑞阿弥系とは一切異なる。「温知会」(古田織部流茶湯研究会)の点前は、江戸時代前期以前の織部の茶会記・茶書を研究し、手順を修正したものである。

歴史編集

古田織部の茶の湯を伝えた弟子には小堀遠州(遠州流)、佐久間将監(宗可流)、毛利秀元(周防流)、上田宗箇(上田宗箇流)、金森宗和(宗和流)、本阿弥光悦などがいた。また諸には織部流の茶頭が数多くいた。江戸時代中期に古田淵黙(中川広計)という豊後岡藩老職がおり、これは織部の女婿・古田重続(中川秀政老職)の子孫であった。淵黙は、初め江戸千家の茶を学んでいたが、天明8年(1788年)に家臣・古田正友(代助)を派遣し、福岡藩の織部流茶道(頭)・槙宗空(玄蕃)より茶法を学ばせ自らがそれを修得、織部流「十一世」を称した。淵黙は、長府藩の同流の茶道(頭)・飯田淵恕(茂的)からも茶法を授けられた。淵黙の茶法は曾孫の古田宗関(重名)にいたるまで伝えられた。宗関は、明治の初めに大分(豊後)から東京へ移り、織部流を一般に教授し、明治31年に「茶道温知会」を設立した。門下には娘の古田素春(咲)、三菱商会岡崎淵冲(惟素)、原宗改(鉄石)などがいた。素春は、宗関が亡くなってから4年後に没し、孫の辰雄もその2年後の大正8年(1919年)に没したため直系は断絶した。高弟の淵冲は、松浦心月庵安田松翁石黒况翁ら在京の華族・知名士等16名からなる輪番茶事グループ「和敬会」(後に益田鈍翁高橋箒庵らが参加)の会員で、諸流の茶道の点前を研究し、『点茶活法』という大著があり、弟子に織部流を教授した。また、原宗改は織部の「(真行草のうちの)真」の点前を考案し「正式織部本流」を立ち上げた。宗改の弟子・秋元瑞阿弥(清橘)はこの点前をさらに改良して「式正織部流」(織部桔梗会)を創流した。瑞阿弥は、その茶道を岡藩古田家の菩提寺・興聖寺 (京都西陣)の住職・日種譲山(胎雲)に伝え、家元は住職による世襲制と定められたが現在では途絶えている。譲山の時代、元志野流茶道家元の今岡志満がいた。志満は、田中伊三次(政治家)や北尾春道(茶室研究家)に茶道を教えた。昭和31年(1956年)に中村米山(見中斎)は「式正織部流」の点前を改変し扶桑派を京都で創流。中村家は2代で途絶え、現在は尾﨑家が継承している。ほかに江戸や信州飯田に伝わった流れがあり、また平成時代まで北九州市(若松区)の石橋宗清(児玉宗久の孫弟子)に伝わった織部流があったが、興聖寺による流儀統一のため消滅した。式正織部流は、秋元家を会長として、千葉県市川市を中心に受け継がれている。また、政治力があった秋元瑞阿弥は県の教育委員会に働きかけ、昭和30年(1955年)に「式正織部流」を千葉県無形文化財の第1号に指定させた。平成時代になり、淵冲系の宮下玄覇古田織部美術館館長)が京都市で「温知会」(古田織部流茶湯研究会)を発足、太閤山荘で織部在世時の茶の湯を研究し公開している。

織部流門人編集

安土桃山時代から江戸時代初期編集

江戸時代編集

織部流歴代
通称 庵号 道号 生没年 ※ 身分
古田重然 左介・織部 印斎 玄庵 金甫 宗屋 1543年 - 1615年 東大和・南山城国 大名(1万石)
2 土屋宗俊 金左衛門 宗俊     - 1671年 久留米藩(400石)・福岡藩(200石)士
3 石原 宗林 (延宝) 福岡藩 御茶道(20石6人)
4 槙重賢 長左衛門 玉壺斎 艮山 (宝永・享保) 福岡藩 御家門(1200石)
5 百野 湖月 (元文) 福岡藩 御茶道(20石6人)
6 百野林甫 宗湖 (延享) 福岡藩 御納戸組 御茶道(20石6人)
7 槙直村 玄蕃 釣寂軒 了山 宗空 (天明・文化) 福岡藩 御家門 大番頭(1400石)
8 古田広計 壱岐・中務 不染斎 温故堂 淵黙 宗深 1757年 - 1832年 岡藩 老職(1000石)
9 古田重功 勘解由 玄室 宗経 1780年 - 1836年 岡藩 小姓番頭(400石)
10 古田重剛 右馬允 家山 1808年 - 1887年 岡藩 近習物頭(400石)
11 古田重名 小膳 印斎 燕雨庵 雲山 宗関 1839年 - 1913年 (元服前)岡藩 御小姓(400石)
12 岡崎惟素 谷神庵 淵冲 了徹 1840年 - 1905年 三菱商会 本社副支配人
小林五郎吉 楽只庵 淵穆 (明治・大正)
佐藤とみ 節楽庵 淵静 (大正・昭和)
中田くに 淵邦 (昭和)

※ ( )は活動期。

参考文献編集

  • 市野千鶴子校訂「織部茶会記」『古田織部茶書二』(思文閣出版)
  • 宮帯出版社編集部「茶道家元系譜」『茶湯手帳』(宮帯出版社)
  • 古田織部四百年遠忌追善茶会実行委員会編 『古田織部四百年忌図録』(宮帯出版社)
  • 宮下玄覇『古田宗関』『岡崎淵冲』(宮帯出版社)
  • 廣田吉崇「古織流茶道主客一日草」『茶書研究 第六号』(茶書研究会)
  • 廣田吉崇「古田織部流八十一ヶ条口伝抄」『茶書研究 第九号』(茶書研究会)

脚注編集

  1. ^ 高台部を天目(輪高台)、口を歪ませた沓形茶碗を強引に作り、茶碗台に乗せて使用するのは、瑞阿弥の教えに背くといえる。

外部リンク編集