メインメニューを開く

岡田 信吉朗(おかだ しんきちろう、明治16年(1883年) - 昭和19年(1944年))は日本実業家。岡田回漕店・岡田海運各(株)代表取締役[1]海運業[1]

境港海運界の重鎮として境港発展に尽くした岡田庄作(鳥取県平民[2]海運業[2]、鳥取県多額納税者)の弟。

経歴編集

鳥取県西伯郡境町(現在の境港市)出身。

米子中学(現米子東高校)卒業[3]。境港出身の米中第一回生である[3]

長兄と共に海運業に従い後岡田海運、岡田回漕店両社を設立する[4]

その他編集

昭和8年(1933年)の米中同窓会名簿には、彼の職務は「大阪市北区大阪ビル、岡田海運商会主」となっている[5]

参考文献編集

  • 『財界人物選集』 1939年 1201頁
  • 『勝田ヶ丘の人物誌』』(編集・勝田ヶ丘の人物誌編集委員会、発行・鳥取県立米子東高等学校創立百周年記念事業実行委員会 2000年、52-55頁)

脚注編集

  1. ^ a b 『人事興信録. 第13版』(昭和16年)上オ二〇五
  2. ^ a b 『人事興信録. 7版』(大正14年)を一七〇
  3. ^ a b 『勝田ヶ丘の人物誌』53頁
  4. ^ 『財界人物選集』 1939年 1201頁
  5. ^ 『勝田ヶ丘の人物誌』55頁

外部リンク編集