メインメニューを開く

岡田 喜秋(おかだ きしゅう、1926年1月2日 - )は、日本紀行作家。本名は「よしあき」。東京府出身。

経歴・人物編集

旧制芝中学校卒業後、旧制松本高等学校文科乙類、東北大学経済学部卒。大学時代より紀行文を発表していた。

1947年日本交通公社へ入社。月刊誌「」編集記者を務め、日本各地を取材して数多くの紀行文や記事を執筆した。そうした記事などが河上徹太郎らに認められ、風土・人物観察を取り入れた紀行文を著している。

1959年から1971年までの12年間は「旅」編集長を務めた。また、1983年から横浜商科大学貿易・観光学科教授を務めている。

主な著書編集

  • 「こころの山 こころの旅」(千代田書院、1953年)
  • 「秘められた旅路 ローカル線をめぐる」(万紀書房、1956年)
  • 「作家と風土」(築地書館、1956年)
  • 「山の奥岬の果て」(創元社、1958年)
  • 「週末旅行 秋の旅路を探る」(東京創元社、1958年)
  • 「山の讃歌」(朋文堂、1959年)
  • 「日本の秘境」(創元社、1960年)
  • 「若い日の旅路」(青春出版社(青春新書)、1961年)
  • 「思索の旅路」(大和書房、1966年、のち中公文庫)
  • 「日本の旅情」(中日新聞東京本社東京新聞出版局、1968年)
  • 「秘話ある山河」(日本交通公社、1970年、のち平凡社ライブラリー)
  • 「旅と人生の出会い」(大和書房、1972年)
  • 「自然と旅の原点」(PHP研究所、1972年)
  • 「青春の山想 山岳名著シリーズ」(二見書房、1974年)
  • 「山村を歩く」(河出書房新社、1974年、のち河出文庫)
  • 「旅について」(講談社現代新書、1975年)
  • 「空と大地の黙示 作家と風土」(西澤書店、1976年)
  • 「旅の発見」(玉川大学出版会、1977年)
  • 「よろこびの山 かなしみの山」(知性社、1977年)
  • 「すべてふるさと」(中央公論社、1977年、のち中公文庫)
  • 「私の文章作法」(ぎょうせい、1978年)
  • 「旅に出る日」(中央公論社中公文庫、1979年)
  • 「旅の木の実」(文化出版局、1981年)
  • 「旅するこころ」(講談社文庫、1981年)
  • 「心にふれあう自然」(文化出版局、1981年)
  • 「旅情を感じるとき 岡田喜秋旅の発見」(河出書房新社、1982年)
  • 「山里にひかれて」(河出書房新社、1983年)
  • 「岡田喜秋 旅情百景」(河出書房新社、1983年)
  • 「旅情百景」(河出書房、1983年、のち河出文庫)
  • 「心にのこる風景」(河出書房新社。1984年)
  • 「旅する作家たち」(牧羊社、1986年)
  • 「町並み 歴史・美術ガイド」(みずうみ書房、1986年)
  • 「橋づくし 歴史・美術ガイド」(みずうみ書房、1987年)
  • 「性人秘仏 歴史・美術ガイド」(みずうみ書房、1987年)
  • 「旅のあとさき」(牧羊社、1988年)
  • 「旅人・曽良と芭蕉」(河出書房新社、1991年)
  • 「歴史のなかの旅人たち」(玉川大学出版部、1992年)
  • 「よみがえる旅心」(日本文芸社、1992年)
  • 「木を見て森を知る」(講談社、1994年)
  • 「旅に学ぶ」(玉川大学出版部、1996年)
  • 「旅する愉しみ」(ほるぷ出版、1998年)【第24回交通図書賞受賞】
  • 「自然に学ぶ」(玉川大学出版部、2001年)
  • 「雪舟の旅路」(秀作社出版、2002年)
  • 「人生の旅人・啄木」(秀作社出版、2012年)
  • 「旅に生きて八十八年」(河出書房新社、2014年)

参考文献編集

  • 荻上悦子著「春寂寥 旧制松本高等学校人物誌」 2008年