岩手県道10号江刺室根線

日本の岩手県の道路

岩手県道10号江刺室根線(いわてけんどう10ごう えさしむろねせん)は、岩手県奥州市江刺区から一関市室根町へ至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
岩手県道10号標識
岩手県道10号 江刺室根線
主要地方道 江刺室根線
実延長 36,808.7m
制定年 1976年
起点 奥州市江刺区伊手字口沢(地図
終点 一関市室根町矢越字七日市(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0397.svg国道397号
Japanese National Route Sign 0343.svg国道343号
Japanese National Route Sign 0284.svg国道284号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

路線データ編集

  • 実延長:36,808.7m
  • 起点:奥州市江刺区伊手字口沢(国道397号交点)
  • 終点:一関市室根町矢越字七日市(国道284号交点)

歴史編集

  • (年代不詳) - 伊手大原線、矢越大原線としてそれぞれ県道に認定される。
  • 1976年(昭和51年)10月1日 - 住田室根線として県道に認定される。
  • 1993年(平成5年)5月11日 - 住田室根線の一部が、江刺室根線として建設省から主要地方道の指定を受ける[1]

路線状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集

外部リンク編集