メインメニューを開く

岩手県道38号大船渡広田陸前高田線

日本の岩手県の道路

岩手県道38号大船渡広田陸前高田線(いわてけんどう38ごう おおふなとひろたりくぜんたかたせん)は、岩手県大船渡市から陸前高田市へ至る県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
岩手県道38号標識
岩手県道38号 大船渡広田陸前高田線
主要地方道 大船渡広田陸前高田線
路線延長 28,090.6 m
制定年 1994年
起点 大船渡市大船渡町字丸森【地図
終点 陸前高田市米崎町字沼田【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0045.svg 国道45号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

広田半島の先で8の字型に1周し、陸前高田市の広田町から小友町にかけてはバイパスが部分開通してルートが2重になっている。

路線データ編集

  • 実延長:28,090.6 m
  • 起点:大船渡市大船渡町字丸森(国道45号交点)
  • 終点:陸前高田市米崎町字沼田(国道45号・県道141号交点)
    (※ 新道終点:陸前高田市米崎町字樋の口(国道45号交点))

歴史編集

  • 1993年(平成5年)5月11日 - 大船渡陸前高田線の一部と広田半島線が、大船渡広田陸前高田線として旧建設省から主要地方道の指定を受ける[1]
  • 1994年(平成6年)3月15日 - 大船渡広田陸前高田線として県道に認定される。
  • 1999年(平成11年) - 仁田山トンネルが開通する。
  • 2006年(平成18年)9月22日 - 小友工区の国道45号から約2kmの区間が部分開通する。
  • 2010年(平成20年)3月25日 - 小友工区の約4.2kmが全面開通する。

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

  • 国道45号E45 三陸自動車道(大船渡三陸道路) 大船渡碁石海岸IC(大船渡市大船渡町字丸森)
  • 岩手県道275号碁石海岸線(大船渡市末崎町字細浦)
    ※ 県道38号同士が交わる交差点が陸前高田市広田町字大久保にある(4方向どれも県道38号)。
  • 国道45号・岩手県道141号陸前高田停車場線(陸前高田市米崎町字沼田)

脚注編集

  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集

外部リンク編集