メインメニューを開く

岩村 康弘(いわむら やすひろ、1961年 - )は、凝縮系核科学(常温核融合)の研究者。三菱重工業横浜研究所先進プロジェクトグループグループ長を経て、現在東北大学電子光理学研究センター特任教授[1]

福岡市生まれ。東京大学工学部原子力工学科卒業、同大学院工学系研究科博士課程修了。三菱重工業に入社、元素変換などに関する研究を行う[2]1991年3月、英語論文「電気ポテンシャル法に基づいた欠陥形状の逆解析」で工学博士号取得[3]2004年凝縮系核科学国際学会からジュリアーノ・プレパラータ・メダルを受賞[2]

脚注編集