メインメニューを開く

岩村 正彦(いわむら まさひこ、1956年12月30日 - )は、日本の法学者。元東京大学大学院法学研究科教授。専門は社会保障法

労働政策審議会労働条件分科会長(2011年度)、全国健康保険協会船員保険協議会初代委員長(2009年~2019年)[1]等を歴任。2019年2月に中央労働委員会会長に就任し現職[2]

人物編集

日本においては労災保険、外国ではフランスの労災保険についての論文がある。社会保険についての考察や、民法などその他の法領域との関連についての論文もある。教科書として、『社会保障法I』(弘文堂、2001年)がある。社会保障国民会議委員も務めた。

経歴編集

略歴は以下のとおり[3]

脚注編集

  1. ^ 第1回全国健康保険協会船員保険協議会議事録
  2. ^ 会長ご挨拶中央労働委員会
  3. ^ 平成28年度 新部局長のご紹介 東京大学