岩生 周一(いわお しゅういち、1913年1月9日 - 1999年2月5日)は、日本の地球科学者。専門は鉱床学・堆積岩岩石学。福岡県久留米市生まれ。

経歴編集

1931年旧制福岡高等学校理科甲類を卒業し、東京帝国大学理学部地質学科に入学。1935年同卒業。1938年地質調査所(現:産業技術総合研究所)の技師に任官。1953年東京大学教養学部地学教室の教授となる。1969年同理学部地質学教室教授に転任し、1973年定年・退職、名誉教授となる。その後、1973~1978年千葉大学理学部教授を務めた。また、日本学術振興会など諸機関の委員を歴任し、戦後の日本の復興に非金属資源開発の面から大いに貢献した。1963~1965年には旧イラン王国に出張し、同国の地質調査所設立に尽力したことは特筆される。1973~1974年、日本粘土学会会長。

1950年、東京大学理学博士。論文の題は「混成岩の岩石学的研究、特に柳井地方の岩石について」[1]

業績編集

地質調査所勤務時代から、一貫して我が国の粘土鉱床や耐火物資源の研究を行い、多くの成果をあげた。特に京都府西部丹波地域に発達する赤白珪石と呼ばれるチャート角礫岩について、詳細な記載を行い、その成因を論じた研究[2]は有名である。また、特殊な化学組成を持つ堆積岩の成因を究明した研究[3]でも知られる。これらの顕著な学会・業界における業績に対し、1986年に勲二等瑞宝章を贈られている。

主な著書・編書編集

  • 岩生周一・木村敏雄『地球の進化(東大教養地学<第1>)』、東京創元社、1958年。ASIN: B000JATWB4
  • 岩生周一・木村敏雄『一般地質学』、朝倉書店、1973年。ASIN: B000JA2PZO
  • 岩生周一(編)『粘土の事典』、朝倉書店、1985年。ISBN-13: 978-4254162288
  • 末野悌六・岩生周一(共編)『粘土とその利用-主として本邦のカオリンについて』、朝倉書店、1958年。ASIN: B000JAUP5G

参考文献編集

  • 湊秀雄『岩生周一名誉会員の御逝去を悼む』、資源地質、第50巻、76~77頁、2000年。

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 岩生周一・安斉俊男・岡野武雄『丹波地域の炉材珪石鉱床調査報告(総説)』、地質調査所月報、第2巻、138~157頁、1951年。
  3. ^ 岩生周一『新木浦鉱山産“エメリー”鉱に見られるラテライト構造』、鉱山地質、第22巻、359~369頁、1972年。

外部リンク編集