メインメニューを開く

岩田 茂穂(いわた しげほ、1851年or1852年 - 1902年7月[1])は、江戸時代末期(幕末)の豊前中津藩士、明治の実業家。息子は獅子文六

目次

経歴編集

中津藩で二十人扶持を食む上士として生まれ、渡辺重石丸について国学水戸学を学ぶ。神道系国粋主義運動に開眼し、明治3年(1870年)に帰郷した福沢諭吉の暗殺団に増田宋太郎らと共に加わるが、後に一転し、同5年(1872年)に増田と共に福沢の開いた慶應義塾に入塾した。

1877年に、のちに義父になる平山甚太(妻の父)と横浜に平山煙火製造所を設立[2]

明治16年(1883年)にはニューヨーク市立大学シティカレッジに留学。帰国後に、横浜市弁天通りで、欧米人を相手にした絹物貿易と小売の店「S.EWATA(岩田商店)」を開いた。

1902年(明治35年)7月、50歳で病没[3]。事業は、妻と番頭が引き継いだが振るわず、文六が16歳のころに閉業した[4]

翻訳編集

参考文献編集

  • 『慶應義塾入社帳 第1巻』福澤諭吉研究センター(編)、慶應義塾、1986年

脚注編集

  1. ^ 牧村健一郎『獅子文六の二つの昭和』(朝日新書)P.17
  2. ^ http://www.kaikou.city.yokohama.jp/journal/125/05.html
  3. ^ 牧村健一郎『獅子文六の二つの昭和』(朝日新書)P.17
  4. ^ 牧村健一郎『獅子文六の二つの昭和』(朝日新書)P.29-31