岳 存(がく そん、1194年 - 1262年)は、金朝末期からモンゴル帝国初期にかけて活躍した人物。字は彦誠。大名府冠氏県の出身。

概要編集

金末にモンゴル軍の侵攻が始まると金朝は河北地方の統制を失ったため、各地で自衛を行う組織(後の漢人世侯)が勃興した。岳存は東平を中心とする大軍閥厳実の配下に入って武徳将軍・帥府都総領の地位を授けられ冠氏の統治を任されたという。金朝の将が冠氏からわずか30里離れた大名に拠って華北奪還事業を始めると、冠氏にも兵を派遣してこれを従えようとしたが、 岳存はこれを撃退した。しかし、金軍は更に1万の兵を集めて冠氏を包囲したため、岳存は100名余りの死士を率いて西門から出城し、金軍を奇襲して潰走させるという大勝利を挙げた[1]

1229年己丑)、厳実や武仙とともに彰徳の西で武功を挙げ、明威将軍の地位に移った。1230年庚寅)、騎兵200と歩兵300を率いて彰徳から帰還しようとしたが、開州の南に至ったところで1万余りの軍勢を率いる金朝の将の張開と遭遇してしまった。岳存は麾下の軍勢に「敵軍は多く我が軍は少ない。軽挙せず、我の太鼓の音を聞いて行動せよ」と戒め、騎兵を前列に、歩兵をその後ろに布陣した。敵軍が20歩ほどしか離れない所に至ると太鼓を鳴らし、勇気づけられた岳存の軍団は一騎当百の働きを見せ、張開の軍は潰走したが岳存軍は1兵も損なわなかったという[2]

その後、河南に残存する金朝の平定、南宋領淮河漢江方面への侵攻にも加わった。1241年辛丑)に冠氏県丞に昇格となり、1250年庚戌)には楚丘に移った。1255年乙卯)に老齢を理由に故郷に帰り、1262年(中統3年)に69歳にして病により亡くなった[3]

岳存の死後、息子の岳天禎が後を継ぎ、南宋征服に活躍している[4]

脚注編集

  1. ^ 『元史』巻152列伝39岳存伝,「岳存字彦誠、大名冠氏人。初帰東平厳実、承制授存武徳将軍・帥府都総領、保冠氏。会金従宜鄭倜復拠大名、距冠氏僅三十里、遣兵来攻。倜不得志、復自将万人合囲、其勢甚張。存率死士百餘、突出西門、勇気十倍。金人退走、存追之、越境乃還」
  2. ^ 『元史』巻152列伝39岳存伝,「歳己丑、従厳実及武仙戦于彰徳西、敗之、遷明威将軍、行冠氏主簿。明年、存率騎兵二百・歩卒三百、自彰徳北還。至開州南、与金将張開遇、開衆万餘、存軍依大林、戒其軍曰:「彼衆我寡、不可輕動、当聴吾鼓声為節」。乃命騎士居前、歩卒次之、与敵相去僅二十歩、一鼓作気、無不一当百、開衆大潰、追二十餘里、不損一卒而還」
  3. ^ 『元史』巻152列伝39岳存伝,「破河南、攻淮・漢、無役不与。辛丑、陞本県丞。庚戌、移治楚丘、数年、有恵政。乙卯、告老退休田里。中統三年、以疾卒、年六十九」
  4. ^ 『元史』巻152列伝39岳存伝,「子天禎、襲父職冠氏県軍民弾圧、従囲襄樊、帥府承制授管軍百戸、修立百丈山・鹿門等堡。天禎率鋭士、冒矢石、従樊城東北先登、為𣠠木所傷、堕地、復躡梯以登、手刃数人。築正陽東西城、及於鎮江造戦船、天禎咸董其役。戦焦山、平奉化賊、録功陞管軍千戸。江南平、従元帥張弘範覲帝于柳林、賜金錦・銀鞍勒。授昭勇大将軍・福州路総管、平尤渓賊。秩満、改吉州、平永新賊、後遷贛州。七年、遷建康、首定救荒之政、民立碑以紀遺愛焉。至大二年、卒于建康、年七十二。子果、会昌州同知」

参考文献編集

  • 元史』巻152列伝39岳存伝