島地 大等(しまじ だいとう、1875年10月8日 - 1927年7月4日[1])は、浄土真宗の僧侶。旧姓は姫宮、幼名は等。新潟県頸城郡三郷村(現・上越市)出身。

島地大等

1902年島地黙雷の養嗣子(法嗣)となり、黙雷亡き後盛岡の願教寺住職となる。曹洞宗大学(現駒澤大学)、日蓮宗大学(現立正大学)、東洋大学などで教え、1919年東京帝国大学講師として死去までインド哲学を教えた[2]。数え53歳で死去し、後を子の島地黙猊が継ぎ、『天台教学史』など多くの遺稿が刊行された。

著書編集

  • 妙法蓮華経(1914年)/ 漢和対照 妙法蓮華経(国書刊行会 1987年)
  • 歎異鈔講本(光融館 1916年)
  • 聖典 浄土真宗明治書院 1919年、編著。新版1980年ほか)
  • 共に道を求めて(光明閣 1923年)
  • 思想と信仰(明治書院 1928年)
  • 天台教学史(明治書院 1929年/隆文館 新版1987年/中山書房仏書林 新版2003年)
  • 生々主義の提唱(慈悲の光社 1929年)
  • 真宗大綱(明治書院 1930年)
  • 教理と史論(明治書院 1931年)
  • 仏教大綱(明治書院 1931年)
  • 日本仏教教学史(明治書院 1933年/中山書房仏書林 新版2005年)
  • 思想と信仰 続篇(明治書院 1938年)
  • 島地大等講話集(百華苑 1965年)

編集

  1. ^ 『国民年鑑』国民新聞社、1927年10月、p.558
  2. ^ 『東京帝国大学学術大観』1942年

関連項目編集