メインメニューを開く

島田 巽(しまだ たつみ、1905年1月25日 - 1994年3月8日)は、日本ジャーナリスト朝日新聞論説副主幹、ジャパン・クオータリー誌編集委員会委員[1]。1965年から1976年まで人事官を務めた。

東京出身。1927年慶應義塾大学政治学科を卒業[2]。卒業後は朝日新聞社に就職し、東京本社欧米部長、論説副主幹などを歴任[2]後、1965年3月2日から1976年4月1日まで、3期12年にわたり人事官を務めた。1975年勲一等瑞宝章を受章。

1994年3月8日膵臓癌により死去[2]。89歳。

目次

著書編集

単著編集

  • 『最近の印度――英印関係の推移』朝日新聞社〈朝日時局新輯 ; 第29〉、1942年。
  • マーシャル・プラン――米国の対外援助政策』朝日新聞社、1949年。
  • 『今日のヨーロッパ』朝日新聞社〈朝日常識講座 第9〉、1953年。
  • 『ふだん着の英国』暮しの手帖社、1955年。
  • 『山・人・本』茗渓堂、1976年。
  • 『遥かなりエヴェレスト――マロリー追想』大修館書店、1981年。
  • 『山稜の読書家』茗渓堂、1985年。

寄稿編集

※「英国人の七つの癖」を寄稿

訳書編集

共訳書編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『現代物故者事典 1994~1996』日外アソシエーツ、1997年3月21日。ISBN 978-4-8169-1412-6
  • 「白門ヘラルドへの寄稿者(中央大学関係以外)」(白門ヘラルドホームページ内)。