メインメニューを開く

嶋田 翔太(しまだ しょうた、1991年11月17日 - )は、日本男性キックボクサー埼玉県富士見市出身。島田塾所属。西武台高等学校卒業。立正大学経営学部在学中[1]

嶋田 翔太
基本情報
本名 嶋田 翔太
通称 格闘技界の星飛雄馬
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1991-11-17) 1991年11月17日(27歳)
出身地 埼玉県富士見市
身長 177cm
体重 62kg
スタイル 新空手
テンプレートを表示

来歴編集

格闘技道場・島田塾の塾長でもある父親の影響で小学2年生から空手を始め[2]、中学に入りキックボクシング一本に絞った。

2007年5月3日、「K-2 GRAND PRIX 第18回全日本新空手道選手権大会」軽量級(60kg以下)に出場。準決勝で瀧谷渉太に敗れ、第3位となった[3]

2007年11月23日、第98回新空手道交流大会「K-2トーナメント」軽量級に出場。決勝で白神喜弘に勝利し、優勝を果たした。

2008年2月2日、K-1デビューとなったK-1 WORLD MAX 2008で行われたオランダとの3対3対抗戦・先鋒戦でバピー"ベビーフェイス"テテローと対戦し、2RKO勝ち。

2008年5月3日、「K-2 GRAND PRIX 第19回全日本新空手道選手権大会」軽量級に出場。決勝で小山泰明に判定2-1で勝利し、優勝を果たした[4]

2008年8月29日、K-1甲子園 KING OF UNDER 18 〜FINAL16〜のK-1甲子園に主催者推薦で出場。1回戦で山口裕人と対戦し、判定勝ち。

2008年10月1日、K-1 WORLD MAX 2008 FINALのK-1甲子園準々決勝で村越凌と対戦し、判定勝ち。

2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜のK-1甲子園準決勝でHIROYAと対戦し、判定負け。第3位となった。

2009年3月14日、K-1ルールの大会「Krush.2」で林将多と対戦し、右ミドルキックでKO勝ちを収めた。

2009年6月28日、K-1甲子園2009関東地区予選大会の特別試合で宮田隼児と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[5]

2009年8月10日、K-1甲子園 〜FINAL 16の62kg級トーナメント1回戦で大和大地と対戦し、2-1の判定勝ち。

2009年10月26日、K-1 WORLD MAX 2009 FINALで行われた準々決勝で秋元皓貴と対戦し、判定勝ち。

2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜の準決勝で石田勝希に判定勝ちするも、決勝で野杁正明に判定負け。高校最後のK-1甲子園で準優勝となった。

2010年3月、西武台高等学校を卒業。4月、立正大学経営学部に進学した[1]

2010年5月2日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜麻原将平と対戦し、2Rに右跳び膝蹴りでダウンを奪われるなどして判定負け。

戦績編集

キックボクシング 戦績
12 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
9 2 7 0 0 0
3 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 麻原将平 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD MAX 2010 〜-63kg Japan Tournament 1st Round〜
【1回戦】
2010年5月2日
遠藤大翼 3分3R+延長R終了 判定3-0 Krush×Survivor 2010年3月13日
× 野杁正明 2分3R終了 判定0-3 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜
【K-1甲子園2009 62kg級 決勝】
2009年12月31日
石田勝希 2分3R終了 判定2-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜
【K-1甲子園2009 62kg級 準決勝】
2009年12月31日
秋元皓貴 2分3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL
【K-1甲子園2009 62kg級 準々決勝】
2009年10月26日
大和大地 2分3R終了 判定2-1 K-1甲子園 〜FINAL 16
【K-1甲子園2009 62kg級 1回戦】
2009年8月10日
宮田隼児 2分3R終了 判定3-0 K-1甲子園2009 関東地区予選大会 2009年6月28日
岩下文耶 3R終了 判定3-0 全日本キックボクシング連盟「Krush.3」 2009年5月17日
林将多 延長R 2:29 KO(右ミドルキック) 全日本キックボクシング連盟「Krush.2」 2009年3月14日
× HIROYA 2分3R終了 判定0-3 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜
【K-1甲子園2008 準決勝】
2008年12月31日
村越凌 2分3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2008 World Championship Tournament FINAL
【K-1甲子園2008 準々決勝】
2008年10月1日
山口裕人 2分3R終了 判定3-0 K-1甲子園 KING OF UNDER 18 〜FINAL16〜
【K-1甲子園2008 1回戦】
2008年8月29日
バピー"ベビーフェイス"テテロー 2R 0:32 KO(右バックブロー) K-1 WORLD MAX 2008 〜日本代表決定トーナメント〜
【K-1 WORLD YOUTH 2008 -International Team Competition-】
2008年2月2日

人物編集

  • 憧れている選手は魔裟斗
  • 前日計量で睨み合うといった気の強い一面も見せる。

獲得タイトル編集

  • 新空手K-2トーナメント 軽量級 優勝(第96、97、98回)
  • 第19回全日本新空手道選手権大会 軽量級 優勝(2008年)
  • K-1甲子園2009 準優勝

脚注編集

  1. ^ a b 【K-1MAX】5・2嶋田翔太、山本真弘狩りに自信!?「もし勝ったらやばい」 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月21日
  2. ^ Fight&Life Vol.7
  3. ^ 第18回全日本新空手道選手権大会 全日本新空手道連盟 公式サイト
  4. ^ 第19回全日本新空手道選手権大会 全日本新空手道連盟 公式サイト
  5. ^ 【K-1甲子園】関東地区予選 本命・藤鬥嘩裟と宮元啓介が代表枠を獲得 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年6月28日

関連項目編集

外部リンク編集