メインメニューを開く

川上 忠克(かわかみ ただかつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将島津氏の家臣。

 
川上忠克
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正4年(1507年
死没 文禄元年(1592年
改名 忠克→意釣(法号)
別名 通称:源三郎、又九郎
官位 上野介
主君 島津貴久義久
氏族 川上氏
父母 父:川上栄久
兄弟 忠豊道堯忠克
忠頼久朗忠実、女子、島津実久継室

略歴編集

永正4年(1507年)、川上栄久の子として誕生。

兄・道堯が病身であったために家督を継ぎ、祖父以来の領地である串木野の30町を領した。

天文年間頃、自らの次女が薩州島津氏島津実久の継室であったため、実久に与していた。しかし、実久が島津貴久と争って没落すると天文8年(1539年)8月、貴久に降伏した。貴久にこのとき、甑島列島に流刑に処されたが、3年後に罪を許されて島津氏の家老となった。

文禄元年(1592年)、死去。