川原 啓美(かわはら ひろみ、1928年7月2日 - 2015年5月22日)は日本の医師外科医)。

川原 啓美(かわはら ひろみ)
生誕1928年7月21日
日本の旗 日本 長野県
死没 (2015-05-22) 2015年5月22日(86歳没)
愛知県日進市
住居日本の旗 日本
国籍日本の旗 日本
出身校名古屋大学
著名な実績アジア保健研修所、愛知国際病院

来歴編集

長野県長野市出身。1952年に名古屋大学医学部卒業。1953年、暁子(さとこ)と結婚。夫婦として医師として一緒に歩み始める。

1962年JOCS(日本キリスト教海外医療協力会)入会。理事を務めた。

アメリカ合衆国のオールバニ医科大学(en)留学を経て一般外科胸部外科にたずさわる。

1976年ネパール王国での短期医療協力の経験を生かし、1980年アジア保健研修所を設立。1981年愛知国際病院を開設し院長に就任。

1992年老人保健施設 愛泉館発足。1999年よりホスピス病棟を開設。

1959年 医学博士(名古屋大学)。論文の題は「Alpha tocopherol (vitamin E) in prophylaxis and treatment of thrombo-embolic diseases」[1]

2015年、死去。

著作編集

  • 『アジアと共に』(1986年、キリスト新聞社刊)
  • 『ひとすじの道』(1998年、ライフ企画刊)
  • 『分かち合いの人生』(2007年、ライフ企画刊)
  • 『年若き友人たちへ』(2011年、ライフ企画刊)

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベースによる