メインメニューを開く

川原秀城(かわはら ひでき、1950年3月15日 - )は、中国思想研究者、東京大学人文社会系研究科名誉教授東アジア儒学が専門。

福岡県生まれ。1972年京都大学理学部数学科卒業、1974年文学部哲学科(中国哲学史専攻)卒業、1980年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学、岐阜大学教育学部助教授1992年東京大学文学部助教授、1995年教授。[1]2015年定年退任。

著書編集

単著
  • 『中国の科学思想 両漢天学考』創文社 1996年
  • 『毒薬は口に苦し 中国の文人と不老不死』大修館書店 2001年
  • 『朝鮮数学史 朱子学的な展開とその終焉』東京大学出版会、2010 

翻訳編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年