メインメニューを開く

京都大学大学院理学研究科・理学部

理学研究科4号館

京都大学大学院理学研究科(きょうとだいがくだいがくいんりがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Science)は、京都大学大学院に設置される研究科の一つである。また、京都大学理学部(きょうとだいがくりがくぶ、英称:Faculty of Science)は、京都大学に設置される学部の一つである。

概要編集

研究科は数学・数理解析、物理学宇宙物理学地球惑星科学化学生物科学の各専攻、学部は理学科1学科の構成で、多岐にわたる研究教育が行われている。吉田キャンパス北部構内に所在する。これまで複数のノーベル賞フィールズ賞受賞者を輩出するなど、各分野で国内外に誇れる研究業績を上げている。

沿革編集

  • 1897年 京都帝国大学設置、理工科大学開設[1]
  • 1898年 理工科大学に数学科、物理学科、純正化学科設置[1]
  • 1904年 数学科、物理学科、純正化学科を理学科に統合
  • 1908年 理学科が再び数学科、物理学科、純正化学科に分離
  • 1914年 理工科大学が理科大学と工学大学に分離[1]
  • 1919年 理科大学が理学部に改称[1]
  • 1920年 物理学科から宇宙物理学地球物理学科が独立
  • 1921年 宇宙物理学地球物理学科が宇宙物理学科と地球物理学科に分離、動物学科・植物学科設置[1]
  • 1922年 地質学鉱物学科設置[1]
  • 1953年 大学院理学研究科設置[1]
  • 1967年 生物物理学科設置[1]
  • 1994年 9学科を廃止し、理学科に改組[1]

教育と研究編集

組織編集

理学部編集

  • 理学科

理学研究科編集

  • 数学・数理解析専攻
  • 物理学・宇宙物理学専攻
  • 地球惑星科学専攻
  • 化学専攻
  • 生物科学専攻

附属施設編集

理学研究科附属

研究編集

21世紀COEプログラム
  • 2002年
生命科学[2]
  • 「生物多様性研究の統合のための拠点形成」(理学研究科生物科学専攻)
化学、材料科学[3]
  • 「京都大学化学連携研究教育拠点(新しい物質変換化学の基盤構築と展開)」(理学研究科化学専攻)
  • 2003年
数学、物理学、地球科学[4]
  • 「物理学の多様性と普遍性の探求拠点」(理学研究科物理学・宇宙物理学専攻)
  • 「活地球圏の変動解明」(理学研究科地球惑星科学専攻)
グローバルCOEプログラム
  • 2007年
生命科学
  • 「生物の多様性と進化研究のための拠点形成」(理学研究科生物科学専攻)
  • 2008年
数学、物理学、地球科学
  • 「数学のトップリーダーの育成」(理学研究科数学・数理解析専攻)
  • 「普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学」(理学研究科物理学・宇宙物理学専攻)

植物園編集

場所

606-8224 京都府京都市左京区 北白川追分町 京都大学吉田キャンパス北部構内の南東角にある。

理学部植物園の面積規模は1.65ha。花崗岩が風化した白川砂の土分布に種子植物が30目 61科 134属 213種あり、縄文時代遺跡も発掘がなされている[5][6]。園内には植物学教室分室、圃場、温室の他、森林からなる緑地部分もあり、北側は農学研究科の圃場が広がるほかブナ科やニレ科をまとめて植えた区域や、樹高の高いCinnamomum camphora(クスノキ)は25m以上の樹高をもつほかカシ類の常緑広葉樹、ブナエノキなどの落葉広葉樹、メタセコイアヌマスギなどの落葉性針葉樹、竹林など、いずれも高木化して生育。東側と南側は民家に隣接しているため、夏の台風襲来前の時期に落下する危険のある枯れ枝剪定や秋に大量の葉が民家路上に散乱のため樹木剪定や路上の落ち葉の片づけなどの対策を理学研究科職員らが行ってきた。

コレクション

大池と湿地状の小池の2つの池があり、池には丘が造成されている。大池の方にはPhragmites australis(ヨシ)の他、Iris pseudacorus(キショウブ)、Nuphar japonicum(コウホネ)など、小池のほうには Saururus chainensis(ハンゲショウ)や Acorus gramineus(セキショウ)が生息。それらの植物のいくつかにはプレートが付けられている。

沿革

1923 年に設立。生態学的特色をもった植物園にするという構想のもと、当時の植物学教室教授郡場寛によって造営計画がされていく。植物園の管理は発足から理学部植物学教室と付属植物生態研究施設に委ねられてきたが、1991年度以降は植物生態研究施設の改組によって、植物学教室が中心となって植物園の管理。2007年から理学研究科植物学教室から理学研究科植物園運営委員会が運営を引き継ぐ。

著名な出身者編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 沿革”. 京都大学理学研究科・理学部. 2019年2月11日閲覧。
  2. ^ 平成14年度 21世紀COEプログラム 採択拠点【分野:生命科学】”. 日本学術振興会. 2019年5月18日閲覧。
  3. ^ 平成14年度 21世紀COEプログラム 採択拠点【分野:化学・材料科学】”. 日本学術振興会. 2019年5月18日閲覧。
  4. ^ 平成15年度 21世紀COEプログラム 採択拠点【数学、物理学、地球科学】”. 日本学術振興会. 2019年5月18日閲覧。
  5. ^ 中村徹也 (1974) 京都大学理学部ノートバイオトロン実験装置室新営工事に伴う埋蔵文化財発掘調査の概要: 京大植物園内縄文遺跡
  6. ^ 1987年度京都大学構内遺跡調査の概要

外部リンク編集