メインメニューを開く

京都大学大学院理学研究科・理学部

理学研究科4号館

京都大学大学院理学研究科(きょうとだいがくだいがくいんりがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Science)は、京都大学大学院に設置される研究科の一つである。また、京都大学理学部(きょうとだいがくりがくぶ、英称:Faculty of Science)は、京都大学に設置される学部の一つである。

目次

概要編集

研究科は数学・数理解析、物理学宇宙物理学地球惑星科学化学生物科学の各専攻、学部は理学科1学科の構成で、多岐にわたる研究教育が行われている。吉田キャンパス北部構内に所在する。これまで複数のノーベル賞フィールズ賞受賞者を輩出するなど、各分野で国内外に誇れる研究業績を上げている。

沿革編集

  • 1897年 京都帝国大学設置、理工科大学開設[1]
  • 1898年 理工科大学に数学科、物理学科、純正化学科設置[1]
  • 1904年 数学科、物理学科、純正化学科を理学科に統合
  • 1908年 理学科が再び数学科、物理学科、純正化学科に分離
  • 1914年 理工科大学が理科大学と工学大学に分離[1]
  • 1919年 理科大学が理学部に改称[1]
  • 1920年 物理学科から宇宙物理学地球物理学科が独立
  • 1921年 宇宙物理学地球物理学科が宇宙物理学科と地球物理学科に分離、動物学科・植物学科設置[1]
  • 1922年 地質学鉱物学科設置[1]
  • 1953年 大学院理学研究科設置[1]
  • 1967年 生物物理学科設置[1]
  • 1994年 9学科を廃止し、理学科に改組[1]

教育と研究編集

組織編集

理学部編集

  • 理学科

理学研究科編集

  • 数学・数理解析専攻
  • 物理学・宇宙物理学専攻
  • 地球惑星科学専攻
  • 化学専攻
  • 生物科学専攻

附属施設編集

理学研究科附属

研究編集

21世紀COEプログラム
  • 2002年
生命科学[2]
  • 「生物多様性研究の統合のための拠点形成」(理学研究科生物科学専攻)
化学、材料科学[3]
  • 「京都大学化学連携研究教育拠点(新しい物質変換化学の基盤構築と展開)」(理学研究科化学専攻)
  • 2003年
数学、物理学、地球科学[4]
  • 「物理学の多様性と普遍性の探求拠点」(理学研究科物理学・宇宙物理学専攻)
  • 「活地球圏の変動解明」(理学研究科地球惑星科学専攻)
グローバルCOEプログラム
  • 2007年
生命科学
  • 「生物の多様性と進化研究のための拠点形成」(理学研究科生物科学専攻)
  • 2008年
数学、物理学、地球科学
  • 「数学のトップリーダーの育成」(理学研究科数学・数理解析専攻)
  • 「普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学」(理学研究科物理学・宇宙物理学専攻)

著名な出身者編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 沿革”. 京都大学理学研究科・理学部. 2019年2月11日閲覧。
  2. ^ 平成14年度 21世紀COEプログラム 採択拠点【分野:生命科学】”. 日本学術振興会. 2019年5月18日閲覧。
  3. ^ 平成14年度 21世紀COEプログラム 採択拠点【分野:化学・材料科学】”. 日本学術振興会. 2019年5月18日閲覧。
  4. ^ 平成15年度 21世紀COEプログラム 採択拠点【数学、物理学、地球科学】”. 日本学術振興会. 2019年5月18日閲覧。

外部リンク編集