メインメニューを開く

川名 兼四郎(かわな かねしろう、1875年3月5日 - 1914年10月7日)は、日本法学者。専門は民法

目次

来歴編集

千葉県出身。東京帝国大学卒業後、1900年に東京帝国大学助教授となる。1903年から1906年までドイツに留学して民法を研究し、帰国翌年の1907年に教授となった[1]。1911年刊行の『法律大辞書』(復刻版 ISBN 4820529935) の主要執筆者一覧にも「東京帝国大学法科大学教授」として名を連ねる。末弘厳太郎の指導教官。

栄典編集

主著編集

  • 『債権総論』
  • 『民法総論』
  • 『日本民法総論』
  • 『民法』
  • 『物権法要論』
  • 『債権法要論』

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。

外部リンク編集