メインメニューを開く

川村 輝典(かわむら あきのり、1928年10月20日[1] - )は、日本の牧師、聖書学者、東京女子大学名誉教授。

東京生まれ。1953年東京大学文学部言語学科卒、東京神学大学大学院博士課程満期退学、1956年日本基督教団武蔵野教会弦巻伝道所伝道師、ゲッティンゲン大学で神学を学んだのち、日本基督教団弦巻教会牧師。1966年東京女子大学短期大学部助教授、教授、1988年東京女子大学現代文化学部教授、1997年定年、名誉教授[2]

著書編集

  • 『キリスト教入門 1 聖書』日本基督教団出版局 1977年
  • ヘブル書の研究』日本基督教団出版局 1993年
  • 『ディオグネートスへの手紙の研究』近代文芸社 1994年
  • ヘブライ人への手紙 聖書註解』一麦出版社 2004年
  • 『新約聖書神学の歴史と課題』一麦出版社 2007年
  • 『主イエスよ、来てください ヨハネの黙示録による説教』キリスト新聞社出版事業課 2012年
  • 『ヘブライ人への手紙研究 その神学的分析』一麦出版社 2014年
共著

翻訳編集

  • エレミアス『新約聖書の中心的使信』新教出版社 新教新書 1966年
  • O.クルマン『イエスと当時の革命家たち』日本基督教団出版局 アルパ新書 1972年
  • E.ケーゼマン『自由への叫び 新約聖書と現代神学』ヨルダン社 1973年
  • G.クヴェル、E.シュタウファー『キッテル新約聖書神学辞典 3 愛』教文館 1976年
  • O.クルマン『新約聖書における祈り』教文館 聖書の研究シリーズ 1999年
  • B.リンダース『ヘブル書の神学』新教出版社 叢書・新約聖書神学 2002年
  • ヴァルター・パングリッツ『聖書に登場する動物』津田恒之訳 監修 けやき出版 (制作) 2015年

論文編集

脚注編集