メインメニューを開く

川西 友子(かわにし ともこ、女性、1986年12月29日 - )は、日本の元プロボクサー大阪帝拳ボクシングジム所属。第4代OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王者。大阪府立柴島高等学校大阪人間科学大学卒業。

川西 友子
基本情報
本名 同じ
階級 バンタム級
身長 171cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1986-12-29) 1986年12月29日(32歳)
出身地 大阪府
プロボクシング戦績
総試合数 11
勝ち 9
KO勝ち 4
敗け 2
テンプレートを表示

目次

来歴編集

大阪人間科学大学在学中はバスケットボール部に所属し、インカレ準優勝も経験[1]。同期は佐藤朱華(元アイシンAW)、村田麻美(元JAL)、梅澤裕貴(元羽田)。しかし、川西は実業団から声がかからなかった。

卒業後、アルバイトの傍らプロボクサーを目指し大阪帝拳に入門。

2010年3月7日、IMPホールでの三好喜美佳戦でデビュー。4回TKO勝利で飾る。

2012年、A級昇格を果たし、初の8回戦でカタニュー・シットジェオーを1回TKOで降す。

11月4日、東郷理代との初代OPBF東洋太平洋女子バンタム級王座決定戦に挑むが、判定で初の敗戦。

2013年4月10日、後楽園ホールにてOPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者つのだのりこと対戦し、4度のダウンを奪って初タイトルとなる同王座奪取に成功[2]

8月24日、大阪府立体育会館第2競技場にて川西と同じ大学バスケ出身でロンドン五輪ボクシング日本代表候補の経験も持ち、プロ5戦5勝の小澤瑶生を迎え撃ち、1回TKOで初防衛に成功[3]

2014年3月30日、IMPホールにて好川菜々のプロ第2戦の相手だった5位のジュブジャン・ルークマガームワンを迎え、初のサウスポーに苦戦し3戦連続KOを逃すも3-0の判定で2度目の防衛に成功[4][5]

2014年7月7日、後楽園ホールにてWBA女子世界スーパーフライ級王者藤岡奈穂子と対戦。前半は互角だったものの、後半は劣勢となり、0-3(3者とも93-97)で敗れる[6][7]

2014年9月30日付で引退届提出[8]

戦績編集

  • 11戦 9勝 3KO 2敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2010年3月7日 勝利 4R TKO 三好喜美佳(川崎新田)   日本 プロデビュー戦
2 2010年6月13日 勝利 4R 判定 チュタポーン・プラディッサン   タイ
3 2010年12月5日 勝利 4R 判定 稲元真理(熊谷コサカ)   日本
4 2011年3月6日 勝利 6R 判定 菊川未紀(中日)   日本
5 2011年10月2日 勝利 6R 判定 チュタポーン・プラディッサン   タイ
6 2012年3月20日 勝利 1R TKO カタニュー・シットジェオー   タイ
7 2012年11月4日 敗北 8R 判定 東郷理代(アルファ)   日本 OPBF女子東洋太平洋バンタム級王座決定戦
8 2013年4月10日 勝利 4R 0:40 TKO つのだのりこ(白井・具志堅S)   日本 OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ
9 2013年8月24日 勝利 1R 1:51 TKO 小澤瑶生(フュチュール)   日本 OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王座防衛1
10 2014年3月30日 勝利 8R 判定 ジュブジャン・ルークマガームワン   タイ OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王座防衛2
11 2014年7月7日 敗北 10R 判定 藤岡奈穂子(T&H)   日本 WBA女子世界スーパーフライ級タイトルマッチ
テンプレート

獲得タイトル編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 卒業生の女子プロボクサー川西友子選手が試合(6回戦)を行います。”. 大阪人間科学大学. 2012年1月27日閲覧。
  2. ^ “女子2試合でダウン8回! 山口が豪快KOでV2 川西はOPBF王者に”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年4月10日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/04/blog-post_7705.html 
  3. ^ “川西戦慄のTKO防衛 女子OPBF戦”. Boxing News. (2013年8月25日). http://boxingnews.jp/news/5664/ 
  4. ^ “川西友子2度目の防衛戦!川西友子vsジャブジャン・ルークマカルムワン!3.30 ドラマチックボクシング〜松下IMPホール大会1部”. Lady Go!. (2014年2月24日). http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8255743.html 
  5. ^ “川西友子V2防衛 年内にも世界挑戦”. デイリースポーツ. (2014年3月30日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/03/30/0006822376.shtml 
  6. ^ “藤岡奈穂子が初防衛に成功!【試合結果】藤岡、初防衛戦の相手は同級4位、OPBF同級王者の川西友子!藤岡奈穂子vs川西友子!!7.7 後楽園ホール!”. Lady Go!. (2014年7月7日). http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8369163.html 
  7. ^ “女王・藤岡が判定で初防衛、川西奮闘及ばず”. Boxing News. (2014年7月7日). http://boxingnews.jp/news/15540/ 
  8. ^ “OPBF女子王者の川西と日本ランカーの松本が引退”. Boxing News. (2014年10月6日). http://boxingnews.jp/news/18376/ 

外部リンク編集

前王者
つのだのりこ
第4代OPBF女子東洋太平洋スーパーフライ級王者

2013年4月10日 - 2014年9月30日(返上)

空位
次タイトル獲得者
小澤瑶生