メインメニューを開く

工藤 昌祐(くどう まさすけ)は、戦国時代武将甲斐武田氏の家臣。武田四名臣の1人・内藤昌豊(昌秀)の実兄。

 
工藤 昌祐
時代 戦国時代
生誕 1520年(永正17年)
死没 1582年(天正10年)
別名 工藤長門守
官位 長門守
主君 武田晴信武田勝頼
氏族 藤原南家工藤氏
父母 父:工藤虎豊
兄弟 工藤昌祐内藤昌豊
工藤祐久
テンプレートを表示

武田信虎の重臣・工藤虎豊の長男として生まれる。父・虎豊が信虎の勘気に触れて誅殺されると、連座を恐れて弟と共に武田家から出奔して流浪した。信虎が武田晴信(武田信玄)によって追放されると、弟と共に甲斐に召還されて家臣として再び仕えた。

弟の昌豊ほど重用されてはいなかったようであるが、天正2年(1574年)8月に弟の代理として上野箕輪城番を務めている。長篠の戦いで弟が戦死した後も生存が確認され、天正9年(1581年)には弟の後継者である内藤昌月と連署する形での竜朱印状が確認されている。

家族編集

先代:
工藤祐長(内藤昌豊)
甲斐工藤氏 当主
1568年 - ?
次代:
工藤祐久