メインメニューを開く

工部(こうぶ)は中国古代の役所。六部の一。長官は尚書中国語版工部尚書)で、次官は侍郎工部侍郎)である。

代に工部の下には建設と庶務を担当する工部、開墾を担当する屯田(とんでん)、山川を担当する虞部(ぐぶ)、水利事業を担当する水部(すいぶ)中国語版の4司が設けられ[1]、各曹にはその長として判官である郎中(ろうじゅう)中国語版員外郎(いんがいろう)中国語版とが置かれた[2]

代には冬官に属し、では少府に属した。は少府より水部曹を分設した。水部曹は尚書台に属し、水利事業・水運を担当した。では屯田曹・起部曹を設置し、農墾と水利事業を担当した。隋では前述の諸曹を統合して、工事・屯田・水利・交通を主管する工部を設置し、尚書省の六部の一つとなった。

脚注編集

  1. ^ 『隋書』百官志下。『旧唐書』職官志2、『新唐書』百官志1。
  2. ^ 『旧唐書』職官志2、『新唐書』百官志1。