左翼・エコロジー・自由

左派・自由・環境から転送)

左翼・エコロジー・自由(さよく・エコロジー・じゆう、Sinistra Ecologia Libertà, SEL)は、かつて存在したイタリア政党の一つ。環境社会主義民主社会主義をかかげていた[2]。党の綱領によれば、党是は「平和・非暴力、雇用社会正義、経済社会の知的・生態学的転換」である。2012年12月には125074人の党員(その大多数は60歳以下)を抱え、イタリアの政党の中で4番目の規模であった。

 イタリアの政党
左翼・エコロジー・自由

Sinistra Ecologia Libertà
党首 Nichi Vendola
副党首 Maria Luisa Boccia
Fabio Mussi
コーディネーター Nicola Fratoianni
創立 2010年10月22日
解散 2016年12月17日
党員・党友数 34,279(2013年)[1]
政治的思想 民主社会主義[2]
環境社会主義[2]
政治的立場 左派[3]
国内連携 L'Altra Europa
公式カラー     Red
前身政党連合名 左翼・自由
(イタリア語: Sinistra e Libertà)
後継政党 イタリア左翼英語版
下院議席
37 / 630
上院議席
7 / 315
欧州議会議席
0 / 73
州政府
1 / 20
公式サイト
www.sinistraecologialiberta.it
イタリアの政治
イタリアの政党一覧
イタリアの選挙

2009年の欧州議会議員選挙に向けて結成された政党連合「左翼・自由」(Sinistra e Libertà, SL)の後継政党である[4]。SLは、議席獲得に必要な4%条項を超えることができなかったが、政党としての組織化に向けた準備を進めることになった。しかし、緑の連盟やイタリア社会党が党内対立の結果、SLから離脱するなど、新党結成には紆余曲折があった。2009年12月のローマで、党名に「エコロジー」を加えて「左翼・エコロジー・自由」と名乗ることが決定され、2010年10月22-24日にフィレンツェで創設大会が開催され、ニッチ・ヴェンドラが党首に選出された。

2010年の地方選挙では、イタリア社会党と協力関係を築き、イタリア中部および南部で善戦し、とくにプッリャ州の選挙ではヴェンドラが州知事に再選された。また2011年5月、ミラノカリャリでSELの推薦する候補が市長に当選した。

2013年2月の総選挙では、SELは、中道左派政党連合「イタリア良きコムーネ」(Italia Bene Comune)に加わり、下院で37名、上院で7名の当選者を得た。

2016年12月17日、SELは解党した。2017年2月19日に後継のイタリア左翼英語版(Sinistra Italiana, SI)が正式に政党として出発した。

脚注編集

  1. ^ http://www.sinistraecologialiberta.it/notizie/riccione-il-2-congresso-di-sel-al-centro-della-discussione-le-prospettive-per-il-paese-e-leuropa-la-ricostruzione-di-un-campo-vero-per-la-sinistra/
  2. ^ a b c Parties and Elections in Europe: The database about parliamentary elections and political parties in Europe, by Wolfram Nordsieck
  3. ^ Jorgen S. Nielsen (28 February 2013). Muslim Political Participation in Europe. Oxford University Press. pp. 172–. ISBN 978-0-7486-7753-5. http://books.google.com/books?id=LblvAAAAQBAJ&pg=PT172 
  4. ^ 左翼のための運動(Movimento per la Sinistra)、イタリア社会党緑の連盟民主的左翼、左翼に統一(Unire la Sinistra)が参加した。

外部リンク編集