メインメニューを開く
 
巨勢苗麻呂
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 延暦6年閏5月27日787年7月16日
官位 従四位下左中弁
主君 称徳天皇光仁天皇桓武天皇
氏族 巨勢氏
父母 父:巨勢堺麻呂
野足、訓備
テンプレートを表示

巨勢 苗麻呂(こせ の なえまろ)は、奈良時代貴族参議巨勢堺麻呂の子。官位従四位下左中弁

経歴編集

天平宝字元年(757年橘奈良麻呂の乱において、反乱実行時に敵側となるのを防ぐために、賀茂角足が事前に武勇に優れた者を屋敷に呼んで酒盛りをしたが、苗麻呂は高麗福信坂上苅田麻呂らの武人と共に招待されている[1]

称徳朝神護景雲元年(767年従五位下少納言に叙任されるが、翌神護景雲2年(768年駿河守として地方官に転じる。

のち、宝亀7年(776年)従五位上、宝亀10年(779年正五位下延暦2年(783年)正五位上・左中弁に叙任されるなど、光仁朝後半から桓武朝初頭にかけて順調に昇進する。のち信濃守河内守と地方官に転じるが、延暦5年(786年)左中弁に還任する。またこの間、従四位下に叙せられている。

延暦6年(787年)閏5月27日卒去。最終官位は左中弁兼河内守従四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『続日本紀』天平宝字元年7月4日条
  2. ^ a b 『公卿補任』
  3. ^ 宝賀[1986: 509]

参考文献編集