メインメニューを開く

巽 悟朗(たつみ ごろう、1935年7月18日 - 2003年12月23日)は、元大阪証券取引所社長、光世証券創業者。立花証券石井久会長と並んで「東の立花、西の光世」と称された[1]。また、北浜の風雲児の異名を取った[2]

人物編集

大阪市船場生まれ。同志社高等学校同志社大学経済学部卒。卒業後、山源証券(後のヤマゲン証券、現・マディソン証券)に入社。1961年、25歳にして光世証券を創業、一代で東証一部上場企業に育て上げた[3]

2000年、大阪証券取引所理事長に就任[3]。2001年、大阪証券取引所初代社長に就任[3]。長男である大介は現・光世証券社長[2]

受賞編集

脚注編集

  1. ^ “『財界展望』第38巻,P105”. 財界展望. (1994年) 
  2. ^ a b “巽悟朗氏の遺産138億円 大証の前社長”. 共同通信. (2004年11月25日). http://www.47news.jp/CN/200411/CN2004112501000322.html 2015年2月27日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ a b c d e 光世証券の歴史|会社情報|光世証券