メインメニューを開く

市川ぼたんは、歌舞伎及び日本舞踊名跡の1つ。

明治の歌舞伎改良運動九代目市川團十郎五代目尾上菊五郎らと共に進めた初代市川左團次が、九代目團十郎の厚情を記念して、長男に初名として与えたのが始まりである。

  • (市川ぼたん)
    • 生年不詳 - 2001。1947年、東宝歌舞伎などで舞台を踏んでいた二代目の長女・高橋恭子が三代目として襲名した記録がある[1][2]

脚注編集

  1. ^ 三代目市川ぼたんの襲名については、五代目市川三升の念書が存在している。
  2. ^ 大川橋蔵歌舞伎座公演 筋書. 1961年(昭和36年)9月. 歌舞伎座.