布怒豆怒神(ふのづののかみ)は、日本神話に登場する

布怒豆怒神

神祇 国津神
全名 布怒豆怒神
神格 衣類の神
布帝耳神
神社 知波夜比売神社
テンプレートを表示

概要編集

古事記』では布怒豆怒神粟鹿神社の書物『粟鹿大明神元記』では布努都弥美(ふのつみみ)と表記される。

名義は、備後国三次郡の地名「布努郷」と関連づける説や、「フノ」を「クナ」(曲)の音転、「ヅノ」を葛(つた)の意とみて、「くねくねと這う葛」の類で、水にさらして衣類の繊維をとる材料に基づく命名とみる説、「ヌノヅナ」(布綱)からきた「ヌノヅノ」が誤写されて神名として定着したものが『古事記』に受け継がれたものと考えて、布製の綱の神格化とする説がある[1]

系譜編集

 
須佐之男命から大国主神までの系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神

布帝耳神の親で、娘と淤美豆奴神との間に生まれた子は天之冬衣神

祀る神社編集

参考文献編集

  1. ^ 國學院大学 古事記学センター 布怒豆怒神

関連項目編集