帰って来た英雄』(かえってきたえいゆう)は、1926年(大正15年)製作・公開、仁科熊彦監督による日本の長篇劇映画である。前篇・後篇に分けられて公開されたサイレント映画剣戟映画である。第二次世界大戦で戦死した脚本家山上伊太郎のデビュー作として知られる。

帰って来た英雄
監督 仁科熊彦
脚本 山上伊太郎
原作 山上伊太郎
出演者 高木新平
生野初子
光岡龍三郎
香住千栄子
撮影 石川東橘
製作会社 東亜キネマ等持院撮影所
配給 日本の旗 東亜キネマ
公開 日本の旗
前篇 1926年3月11日
後篇 1926年3月18日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

1923年(大正12年)12月、20歳のとき、東亜キネマ設立時に脚本部研究生として入社した山上が書いた脚本が採用され、入社3年目にして脚本家としてデビューとなった[1]。マキノ正博(のちのマキノ雅弘)が監督し、キネマ旬報ベストテン第1位を獲得する『浪人街 第一話 美しき獲物』の2年前の作品である。

本作のプリントは現在散逸しており、いかなる形式においても見ることはできない。1976年(昭和51年)に出版された『山上伊太郎のシナリオ』にも、本作のシナリオは採録されてはいない[2]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

編集

  1. ^ 『日本映画監督全集』、キネマ旬報社、1976年、p.416、「山上伊太郎」の項、執筆竹中労
  2. ^ 『山上伊太郎のシナリオ』、稲垣浩マキノ雅弘編、白川書院、1976年。

外部リンク編集